馬が岳(福岡県行橋市)

馬が岳は、福岡県行橋市にある里山で、標高216mの小さな山です。その昔、山城があった山で、城跡が残っています。山城の跡となっている所は、城の目的もあり、景観が良い場所が多く、ここも例に漏れず、ほぼ360度に近い景観が望めます。

近くに“へいちく”(平成筑豊鉄道)が走っています。これを撮影しに出かけました。

「ロケーション」

登山口から山頂までは、車道はありませんので歩いて登る必要があります。30分ほどで登れる山です。

行橋市のHPに、アクセス等の説明が書いてあるページがあります。

「撮影日(2020.9.22)」

・機材 Canon EOS kiss x3 / Canon EF-S 55-250mm 1:4-5.6 IS

(山頂からの広大な景色 南側を望む)

「撮影後記」

”へいちく”は、旧国鉄の伊田線、糸田線、田川線を営業している、第三セクターの路線です。超ローカル線ですが、その割に運転本数も多く、地域の重要な路線となっています。

馬が岳からは、旧田川線が望め、山、川、田んぼの日本の原風景のような素敵な景色が望めます。1両の小さな気動車ですが、沿線の皆さんに愛されている感たっぷりの、素敵な車両と素敵な路線です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です