準提山(山口県下関市)

下関市長府に準提山(じゅんていさん)という小さな山があります。私は山登りが好きで、山口県内の山にも結構登っていますが、この山の存在は知りませんでした。この山の山頂から、JR山陽本線が眺められます。

(この山の情報も、風弘法さんのHP「俯瞰撮影の魅力」を見て知りました。)

「ロケーション」

準提山は標高177mの小さな山で、長府にある覚苑寺(かくおんじ)に登山口があります。ここも駐車場はありません。(ちなみに私は自転車で覚苑寺まで行きました。)小さな山なので、山登りをされる方であれば、難なく登れますが、意外にも小さいながら山らしい山です。地元の方が登山道等を手入れされているので、登りやすい山です。鉄道の俯瞰撮影は山頂からとなります。

・JR西日本 山陽本線 新下関~長府駅の間の景色が見えます。

・長府の街並み、瀬戸内海と線路が俯瞰出来ます。

・景色が俯瞰できるのは山頂からなので、がんばって山頂まで歩く必要があります。山頂から北側-東側の景色が開け、展望に恵まれています。

「撮影日 2020.6.7」

(機材:Canon EOS x3 / SIGMA 100-300mm f4.5-6.7 DL)

機関車EF210桃太郎がけん引する貨物列車 コンテナが未積載で映えない…
通勤型105系車両
気動車 キハ40の5両編成 電化区間を走るのは珍しい?

「撮影後記」

こんな近くにこんな面白い山があるのを知らず… 発見できて良かったです。この日は晴天でしたが、残念ながら霞がかかっており、画像が白っぽくなっています。

地元の人に愛されている山のようで、地元の方が散歩がてらに登るため、朝方は結構人が多いです。

尚、山登りとしての記録も別のブログに記事を書きましたので、宜しければ見て頂けると嬉しいです。

#山登り 自分流 / 「準提山(177m) 下関市長府」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です