MAERSK GARONNE(コンテナ船)

「撮影情報」

・撮影地 関門海峡(下関市アルカポート岩壁)

・撮影日 2021.02.21

・撮影機材 Canon EOS 9000D / SIGMA 18-300mm 1:3.5-6.3 DC φ72

「撮影画像」

恐らく、水先案内人を載せるための水先艇

「船舶情報」

船名MAERSK GARONNE
建造年2003
国籍シンガポール
総トン数50757
載貨重量(t)61636
全長(m)292
全幅(m)32.3
船の種類コンテナ船
造船所現代重工業

「撮影後記」

この日は、この船を撮影するのが目的でした。今まで関門海峡で見たコンテナ船の中では最長(292m)の船舶となります。大きいですね!

幅が比較的狭いので、過去に見た全長277mのコンテナ船の方が、総トン数、積載量は多いのですが、でも最長なのだ!

建造後18年経過しているので、サビが目立ちますが、綺麗な青色系の塗装にて、新造船だった頃は、綺麗だったと思います。

さて、次は300mオーバーのコンテナ船が見たいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です