ILE DE RE(特殊船・ケーブル敷設船)

「撮影情報」

・撮影地 関門海峡(下関市アルカポート岩壁)

・撮影日 2020.8.29

・撮影機材 Canon EOS x3 / TAMRON 18-270mm F3.5-6.3 DiII VC PZD B008E

「撮影画像」

「船舶情報」

船名ILE DE RE
建造年1982
国籍インドネシア
総トン数14091
載貨重量(t)
全長(m)142.94
全幅(m)23.3
船の種類特殊船
ケーブル敷設船
造船所

「撮影後記」

関門海峡を通過する大型船については、海上保安庁のHPにて、情報が得られます。そのHPにて、船種が「特殊船」?との表記があり、船名も変わっていたので、興味深い船でした。

船名の「ILE DE RE」は、フランスのリゾート地の島名のようです(レ島)。船籍はインドネシアですが、フランスのケーブル敷設船のようです。船の横に記載されている「OPTIC MARINE」という会社が運用している船と思われ、この会社名を検索すると、この船の画像のHPが出てきます。「Ile De Reは、海底ケーブルの設置と修復作業の両方を処理できる多用途の船舶です。」と説明してありました。さて、関門海峡を通って、どこに向かっていたのかなあ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です