芦屋基地航空祭(2015.11.22)

初めてブルーインパルスの飛行展示を見たのが、この芦屋基地での航空祭でした。航空自衛隊の航空祭に行くのも、これが2度目であり、ブルーインパルスの華麗な演技にすっかり魅せられました。40歳を過ぎてからですが、航空機の魅力に触れ、新たな興味が生まれたような気がします。

この頃は未だ、カメラは単なるスナップ、記録目的で撮影していましたので、小さなコンデジ片手に出かけていました。なので飛行展示についてはまともに撮影できず… 地上展示の画像を幾つかUP致します。

「撮影情報」

・撮影地 航空自衛隊 芦屋基地

・撮影日 2015.11.22

・撮影機材 OLYMPUS SZ-15

「撮影画像」

・T-1ジェット練習機 退役して基地内に展示してある機体です。実際に飛んでいるのを見たかったなあ…

・T-7 練習機 航空自衛隊のパイロット志願生が最初に訓練を受ける機体 主に防府基地に配備されているようです。前後に2名乗車します。

・T-5 練習機 こちらは海上自衛隊のパイロット志願生が最初に訓練を受ける機体 主に海上自衛隊小月基地に配備されています。こちらの方は隣同士で着座する機体です。

・T-4 練習機 T-7による初等訓練を終えたパイロットがつづいて訓練するための中等練習機。ブルーインパルスの機体にも使わています。同じT-4ですが、塗装が3種類あります。

(通常使用の塗装と思われます)

・芦屋基地に配備されているT-4は、上空での視認性向上を目的としてT-7と同じく白地に赤のラインの塗装で「レッドドルフィン」という通称があります。

(レッドドルフィン)

・あまりにも有名な、ブルーインパルスもT-4です。

・滑走路に向かうT-4(レッドドルフィン) 7機縦列が壮観です。

・離陸直後のT-4(レッドドルフィン) 3機同時離陸

・駐機しているブルーインパルス 綺麗に整列されています。

・飛行展示中のブルーインパルス まあコンデジだとこれが限界なのか… 私の腕の問題もありますね。

「編集後記」

記録のため写真は良く撮っていましたが、カメラ自体への興味は薄く、基本、カメラにお任せ状態の撮影でした。コンデジでもシャッター速度等は変えられるという事も知らず、飛行展示の撮影は大半がピンボケで… お粗末な限りです。

デジカメが世に普及し始めたのは2000年頃です。私もPanasonic DMC-FZ1、Canon PowerShot A460と購入しましたが、この2台はあっさり故障して使えなくなりました… 初期の頃のコンデジは故障しやすかったように思います。その後購入したOLYMPUS SZ-15については、接触不良のボタンはありますが、10年以上使っています。このSZ-15は撮影画像が暗いというのが特徴です。芦屋基地の撮影条件は終日逆光というのもありますが、この日は薄曇り程度の天気で、それなりに照度はあったと思いますが、写真だと曇天下のように見えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です